離婚についてのよくある質問 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問

離婚時の慰謝料の金額はどうやってきめるんですか?

よく海外の芸能人などの離婚の際に「慰謝料○億円」などと
話題になったりしますが、現在のところ、日本ではこのような
高額な慰謝料が認められることはほとんどありません。

では、日本ではどうやって慰謝料の金額を決めるのでしょうか?

慰謝料というのは、漢字の通り「慰め」、つまり、
どれくらいの金額があれば精神的に慰められるかということです。

けれども、これは人によって感じ方もバラバラですので
ケースバイケースで決めるしかないというのが現状です。

それでも何とか客観的な算定基準を編み出し
多くの場合、それを基準にして決定されているようです。

具体的な客観的要素は以下の通りです。

・結婚関係の破綻を招いた有責性・背信性の程度
・精神的苦痛の程度
・結婚期間と当事者の年齢
・当事者の支払い能力
・未成熟の子供の有無
・離婚後の扶養の必要性
・経済的な事情

これらを考慮したうえで、相談・話し合いのもと、
最終的に金額が決められます。

ばらつきはあるものの、だいたい100万円から数百万円の間が多く、
億単位というのはほとんどありません。

ただし、長期にわたる浮気など不貞行為があり、
なおかつ、支払う側に十分な支払い能力がある場合には、
1000万円以上になるケースも出てきます。

協議書の作成や離婚・慰謝料の相談なら松見法務事務所

内縁の相手が浮気しました。慰謝料はもらえますか?

内縁関係といえ、夫婦同然として暮らしてきた相手がいる場合、
そして、相手が浮気をした場合は慰謝料ってどうなるんでしょうか?

内縁関係で籍は入っていなくても、長年夫婦同然に暮らしていた場合は、
別れるとき、離婚とは言わず、内縁関係の解消といいます。

最近では「事実婚」と呼ばれることが多く、
法律に縛られることがないので、解消するときに相手が反対しても
調停や裁判をおこす必要はなく、一方的な通告だけで
夫婦関係を終わらせることができます。

内縁関係は籍には入ってませんが、夫婦同然と扱われる事も多いです。

内縁関係ではありますが、全く正当な理由もなく、
解消した場合には、相手に対して損害賠償責任を負うのです。

内縁関係の解消でも不当な解消は、夫婦の離婚原因と
同じように考えられています。

同居年数やケースによってさまざまなので一概にはいえませんが、
不貞行為をした本人も浮気相手も慰謝料はだいたい
数十万円から200万円くらいになります。

(関連記事)
内縁の妻の場合、財産分与はできますか?

神戸離婚相談特別編~人生の再出発を誓う「離婚式」

最近じわじわと広がりつつある「離婚式」をご存知でしょうか。

これは、兵庫県神戸市出身の「寺井広樹」氏が提唱しているもので
彼は幼いころから「結婚式はあるのにどうして離婚式がないのか」
という疑問を持っていたそうです。

確かに卒業式や引退式、告別式など、物事の終わりを大切にしてきた
日本人なのに離婚式がないのは不思議といえば不思議かもしれません。

そこでまずは友人の離婚式のプロデュースを手がけたところ、
マスコミに取り上げられ、注目されるようになったということです。

中には「人の不幸を食い物にして」という厳しい意見もあったようですが、
少しずつ真意が伝わり、賛同してくれる人が増えていったということです。

離婚式の流れとしては、司会者が離婚にいたった経緯を参列者に説明し、
それぞれ一言ずつあいさつをします。

離婚経験のある友人代表挨拶のあと、
「最後の共同作業」ということで結婚指輪を2人で一緒にハンマーで
たたきつけて割ります。

あとは本人、参列者が会食を行うという流れになっています。

オプションも用意されており、スライドショーやブーケトス、
離婚式用ドレスもあるようです。

ナント、ブーケをキャッチした人は円満離婚できるそうですよ。
また、ドレスはいつまでもひきずらないためにスカート丈が
短く設定されているということですよ。

しかも、引き出物や「裂人(さこうど)」さんなるものもいる
というのですから驚きです。

寺井氏によると離婚式を行う意義は、
けじめをつけてしっかり再スタートがきれる、
離婚後は疎遠になりがちなお互いの友人などともよい関係が保てる、
公式声明が出せるので混乱が避けられ、ストーカー化を
予防することもできるところだそうです。

離婚式がいいか悪いかは別として、参列者はどんな表情をすればいいのか
困ってしまいそうですね。

もちろん、泥沼の離婚裁判に陥っている夫婦では考えられませんね。

離婚の相談や離婚協議書の作成を神戸でするなら松見法務事務所

姑との不仲で離婚するのですが、この場合慰謝料はとれますか?

昔から言われてる嫁と姑の問題。

せっかく大好きな人と結婚したのに、その姑とうまくいかず
結婚生活が破綻し、離婚に至るケースは少なくありません。

姑の嫁いびりが原因で離婚にいたった場合、
憎い姑からも慰謝料を取りたいと思うのは当然でしょう。

実際に直接に姑に慰謝料を請求することは可能です。

ただし、そう簡単ではありません。
そこは覚悟が必要です。

本来、結婚も離婚も当事者同士の意思によって行われるものであるため、
たとえ嫁姑の仲が悪くても、それを当事者以外の人に慰謝料として
請求するにはそれ相応の納得できる理由が必要なのです。

慰謝料の請求が認められるためには、嫁の追い出しのために
姑がいかに主導的役割を果たしたのか、
また社会的通念の許容範囲を超えた不当なふるまいをしたことが
証明できなければなりません。

つまり、夫婦が婚姻関係を継続しようと努力しているにもかかわらず、
姑が必要以上に関与して、夫婦関係を破綻させようとしたという
確かな証拠が必要なのです。

ですから、できるだけ姑から言われたひどい言葉や
行動などについて、記録を残しておくことが大切です。

普段から、「これは耐えられない」と感じたときには
メモでも日記でもいいので証拠として残しておくことです。

金額に関しては、ケースバイケースなので一概には言えませんが
数十万円から100万円の間くらいが相場でしょう。

最後に念を押しますが、それでも姑から慰謝料となると難しい事は
理解して頂ければと思います。


(関連記事)
嫁姑バトルが原因の離婚でも慰謝料はもらえますか?


離婚した時、父親が親権を取るのは難しいのでしょうか?

離婚した時、子供がいれば一緒に暮らしたいでしょうし、
親権はどうしても相手に渡したくないものかもしれません。

質問のケースの場合結論から言いますと、父親が親権者になるのは
無理ではないですけど、難しいでしょう。

割合でいうと大体2割程度となっています。

これは母親が子供の親権者になることを強く望んだり
母親のほうが子供を育てる環境に適していること、
すでに母親が子供と一緒に生活しているケースが多いことなどが理由です。

さらに裁判所でも母性優先の原則があることから
母親の監護環境を優先させようという考え方が強いのです。

父親が親権者と認められるケースとしては、
母親の監護環境が子供にとって不適切とされた場合や
両親どちらの監護環境も優劣がつけがたく、
すでに父親が監護しており、その環境に全く問題がない場合などです。

経済力に関しては、母親のほうが不利に思われますが
養育費なども考慮するとあまり影響はないようです。

中には母親が仕事に出ることで十分な監護ができないのではという父親からの
指摘があるようですが、それは父親も同じことなので
こちらも親権者争いにはあまり影響がありません。

また、親権者が働きに出ている間、祖父母に子供の監護を頼める場合には
その環境についても合わせて考慮され、判断されることが多いのです。

このように父親が親権者になる事は難しいかもしれませんが、
あきらめきれない事もあるでしょう。

しかし、子供の事を考えて、冷静に協議して頂ければと思います。

(関連記事)
夫婦仲が険悪です。どうすれば子どもを傷つけず離婚を進められるのでしょうか?

浮気相手からいくら位、慰謝料はとれるのですか?

離婚の際、夫の浮気相手にも慰謝料を請求したいと思っている人は多いはず。

浮気をした夫からはもちろんですが、
相手の女性にもできれば慰謝料を請求したいと思う気持ちは当然ですね。

結論からいうと、配偶者の権利を侵害した浮気相手にも
慰謝料を請求することはできます。

ただし、肉体関係があったことがきちんと証明されること、
相手が既婚者だと知っていながら関係を持ったことが
わかっていなければ難しいでしょう。

また、夫が結婚を隠して、浮気相手もその事実を知る術がなかった場合、
夫から脅迫されて肉体関係を持った場合などは慰謝料請求は難しいのが現実です。

慰謝料の相場としては、離婚まで至らず、浮気相手にだけ慰謝料を請求する場合と
それが原因で離婚にいたった場合では金額が異なります。

夫を許し、離婚をしない前提で浮気相手に慰謝料を請求する場合は
婚姻が破綻していないわけですから、妻の精神的苦痛は少ないと判断されるのです。

ですから、この場合の慰謝料の相場は100~150万円前後が多いようです。

もちろん、夫の浮気が原因で婚姻生活が破綻した場合には
精神的苦痛が強いと判断されるため、もう少し高く、200万円前後になります。

軽い気持ちで不倫していると、相手の妻から思いがけず
慰謝料の請求があるかもしれませんので注意が必要です。

(関連記事)
具体的に浮気相手からどうやって慰謝料を請求するんですか?

相手の浮気や不倫の時に慰謝料はいくら位とれますか?

弁護士によりますと、夫の浮気が原因で離婚相談に来る人の
ほとんど全員が聞いてくるのが「慰謝料はいくらぐらい?」という
質問なのだとか。

私自身も離婚相談時には慰謝料はいくら?と聞かれることは多いです。

それだけ慰謝料がどれくらいもらえるかについては、
誰もが気になるところなのです。

浮気や不倫による慰謝料は婚姻中、お互いに貞操の義務があるにもかかわらず
一方が不貞を行った場合に生じるものです。

夫や妻の浮気や不貞に対して被った精神的苦痛や生活の変化に対する
苦痛などに対して支払われるもので、たとえ結婚していなくても
婚約中に発生したとしても請求できます。

また、離婚していなくても慰謝料の請求は可能であり、
浮気の慰謝料請求期限は不貞行為を行ってから3年間となっています。

浮気や不倫が原因で離婚に至った場合の慰謝料は
財産分与や養育費とは異なり、相手側にどれだけ非があるか、
またその有責性が大きな判断材料となるのです。

ですから、ケースによっては高額になることもあり、
適法な証拠があるかどうかが金額を決める上での
重要なポイントになるといわれています。

他の原因による慰謝料よりも浮気や不倫で発生する慰謝料は
一般的に金額が大きく、早く決着する傾向があるようです。

金額は過去のデータや司法統計などをもとに算定されてはいますが、
法的にはっきりと決められているわけではありません。

ケースバイケースなので一概にはいえませんが
浮気の頻度や経緯、相手の経済力、受けた精神的苦痛などの
程度によって決められ、150~200万円前後が多いようです。

ただし、最近は不貞行為に対する慰謝料の相場が
上昇する傾向があり、もう少し高くなることも多いということです。

(関連記事)
慰謝料を請求する際に必要なものは何ですか?

離婚するに当たり、子供を連れ去られてしまいました。どうすれば良いでしょう?

離婚を考えてる夫婦が別居をする事は珍しい事ではありません。

その時、夫婦が別居する際、十分な話し合いもないまま、
子供を勝手に連れて、家を出て行ってしまうことがあります。

しかし、子供を突然奪われたほうにとっては、
かなりの激しい感情を抱きますのでその後の離婚協議が深刻化したり
慰謝料や親権でもめることが多いのです。

子供を連れ去られた相手はどうにか取り戻そうと考えても不思議ではありません。

現在の民法では離婚に至っていない夫婦間の子供の監護に関する
紛争への明確な規定はありませんが
家庭裁判所に「子供の引渡しを求める手続き」を申し立てることができるのです。

ただし、審判が下りるまでには、1ヶ月以上もかかりますので
緊急の場合には「保全処分」を行使することもあります。

たとえば、DV夫から子供と一緒に逃げてきたのに
居場所を知られて子供が連れ去られてしまった場合。

子供に危険がありますので審判前の「保全処分」で
離婚していない夫婦にも子供の引渡しを仮に命じることができるのです。

また、審判が下りるまで時間がかかったり、
必ずしも取り返せるとは限らないことから、
中には実力行使で子供を奪い返す人がいるようです。

しかし注意してください。

たとえ自分の子供であっても実力行使は「未成年者略取」の罪に
問われることもあるのです。

こんな時、犠牲になるのは子供と言う事は忘れないでくださいね。

(関連記事)
離婚の話し合い時に夫が勝手に子供を連れていきました。親権は取られるの?

妻が宗教にのめり込んでしまいました。こんな時、離婚できますか?

信教の自由は憲法で認められており、
夫婦であってもお互いが尊重しなければいけません。
しかしながら、夫婦である以上協力義務がある事も忘れてはいけません。

たとえば、妻が宗教団体の集会に参加するようになり、
家事や育児がおろそかになった。
御布施として、お金を宗教にほとんど費やすようになった。

その結果、家を出て行って集団生活をはじめたり、
夫とのいさかいが耐えなくなり、やがて子供を連れて
家を出で行ってしまった。

この場合、夫は離婚と子供の親権をとることはできるのでしょうか。

結論からいうと、できます。

もちろん、信仰の自由は夫婦間でも尊重されるべきものですが、
子供の教育や家庭生活に支障がある場合には
離婚理由にもなり得るというわけです。

夫の再三の忠告にも耳を貸さず、家事や育児をおろそかにしたことは
夫婦生活の破綻を招いた原因として認められるのです。

離婚協議書に関して詳しく知りたい方は

私に内緒で妻が借金を作ってました。こんな妻と離婚できますか?

妻が夫の知らない間にギャンブルやブランドもののバッグや洋服にはまってしまい、
クレジットカードや生活費ついにはサラ金にも手を出すことは少なくありません。

何とかやりくりして返済できるうちはいいのですが、
借金の督促状や取り立てが家にも来るようになることで
夫にもばバレてしまうことが多いようですね。

これは離婚理由として認められますが、問題は借金です。

貸金業法が昨年改正され簡単には借金できなくなった分、
サラ金などに手を出す主婦等も多いみたいです。

通常、夫婦の場合、生活必需品を買ったり、支払いをする場合、
妻は夫の許可をいちいちとる必要はありません。

これは法律でも夫婦は日常家事に関する行為については
互いに代理権を持つと定められているからです。

さらに夫婦は相手が独断で行う日常生活に関する買い物や支払いに関して
連帯責任を負うことが義務付けられいています。

けれども、このように家庭の収入や生活レベルと
あまりにも分不相応な買い物や浪費、ギャンブルでできた借金にまで
連帯責任はありません。

ですから、取り立てが夫のところにまでしつこく来る場合は
その旨をはっきりと伝えるべきです。
その上で警察や監督行政庁に刑事告訴や行政処分を申し立てることができるのです。

万が一、別居になった場合は、これ以上妻にクレジットカードを
使わせないように早めに解約手続きをしておくことをおすすめします。

前述したようにサラ金などで借りる人が増えた分
色々なトラブルに巻き込まれる事も多いみたいですが、
その時は専門家に相談するのが良いでしょう。

離婚をする前に離婚協議書の作成や離婚の相談を神戸でする方へ


《 前 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次 》


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。