離婚した時の慰謝料・財産分与・養育費に税金はかかるの? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚した時の慰謝料・財産分与・養育費に税金はかかるの?

離婚した時の慰謝料・財産分与・養育費に税金はかかるの?

離婚した時の慰謝料や養育費などを受け取るのは良いのだけれど、
はたして、税金はかかるのでしょうか?

答えは、離婚によって生じた財産分与や慰謝料・養育費には原則として
贈与税などの税金はかかりません。

財産は夫婦が婚姻生活を続ける中で築き上げたものであり、
もともとは2人のものであること。
最初から自分のものなんで税金がかかるのはおかしいですよね。

また、慰謝料は精神的苦痛に対する損害補償であることから
コレに対して課税するというわけにはいきませんね。

けれども、中には非課税なのをいいことにこれを悪用して
税金をごまかす人がいるようです。

たとえば、慰謝料を不当なほど高額にしたり、
相続税や贈与税を逃れるための偽装離婚などです。

明らかに高額の慰謝料や最初から脱税目的で離婚したことが
わかったときには、全額に対して贈与税がかかってしまいます。

また、慰謝料を本人が支払えなくて親に支払ってもらった場合には
贈与税がかかりますので注意が必要です。

さらに慰謝料を金銭ではなく、土地や不動産などの
金銭以外で支払った場合、譲渡した側、つまり支払った側に
譲渡所得税がかかってしまいます。

ただし、この場合、土地や建物が居住用の場合には
控除の特例もありますが籍を抜いて名義変更することが必要です。

なお、養育費に関しては、どんな場合でも
贈与税や所得税はかからないので安心です。

子供のための養育費で、税金がかかるのも
やはり厳しいものがありますものね?

税金に関しては難しい問題でもありますし
まずは専門家に相談しても良いでしょう。

(関連記事)
慰謝料に税金はかかるんでしょうか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。