好きな人が出来たので離婚したいのですが、子供が出来たかも知れません。このまま子供を産んでも大丈夫でしょうか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 好きな人が出来たので離婚したいのですが、子供が出来たかも知れません。このまま子供を産んでも大丈夫でしょうか?

好きな人が出来たので離婚したいのですが、子供が出来たかも知れません。このまま子供を産んでも大丈夫でしょうか?

子供が出来る事は喜ばしい事です。

それは、皆さんが納得して頂ける事とは思いますが、
手放しで喜べないケースがたまにあります。

例えば、婚姻中に妻に好きな人ができて浮気そして妊娠。
その後離婚した場合、生まれてくる子供の父親は誰になるのでしょうか。

基本的には、「婚姻の解消から300日以内に生まれた子供は
婚姻中に懐妊したものとする」と定められています。

つまり、離婚後300日以内に生まれた子供は
たとえ夫婦が離婚していたとしても、元夫の子供と推定され
出生届けを提出すると元夫の子供として戸籍に記載されるのです。

けれども、実際にはこれはさまざまなトラブルを招くことになります。

婚姻中に他の男性の子供を妊娠、離婚後、すぐに再婚して出産した場合、
再婚相手の子供たという確信があったとしても、
父子関係は元夫との間に生じるというわけです。

そのため、生まれた子供が誰の子供なのかで
もめることはよくあるようです。

そこで出生後1年以内であれば、「摘出否認の訴え」を
起こすことで本当の父親の子供とすることができることになっています。

けれども、この訴えを起こせるのは元夫だけであり、
もし訴えを起こさなければ、元夫が自分の子供として
養育することもできるのです。

ですから、どうしても再婚相手を戸籍上でも父親としたい場合や
離婚前から夫婦関係が破綻しており、
別居状態など元夫の子供を妊娠する可能性が全くない場合などは
元夫に対して「親子関係不在確認」の調停や訴えを起こす、
または再婚相手に対して「認知請求」の調停や訴えを
起こすしかありません。

この訴えが認められて初めて、生まれてきた子供が
再婚相手との子供たぢ戸籍上でも認められるのです。

最近ではこのような理由など様々な問題により、無戸籍児が増えています。

将来的にも、何かあった時にも間違いなく子供がつらい経験をする事になります。
まずは、専門の弁護士や行政書士などに相談して未然に防いで頂ければと思います。

(関連記事)
離婚前提で別居してます。好きな人ができたんですが、どうなるんでしょうか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。