離婚前に別居したいのですが、生活費はどうなるのでしょうか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚前に別居したいのですが、生活費はどうなるのでしょうか?

離婚前に別居したいのですが、生活費はどうなるのでしょうか?

離婚する前に別居をしてみる人は少なくありません。

本当に離婚したいのか、離婚してからの生活は?子供の事は?
などじっくり考える時間が欲しいというのはよく分かります。

しかし、別居してる間の生活費はどうすれば良いのでしょうか?

実は別居中も離婚していない限りは、夫婦とみなされますので
婚姻費用、つまり生活費は夫婦で分担する義務があるのです。

金額は、双方の収入や扶養する子供の人数などを
考慮したうえで決められます。

専業主婦で収入がない場合は、基本的には妻は夫に対して
生活費を請求することができますが、
夫婦関係破綻の責任の有無によって金額は異なります。

その際、基準になるのは、養育費と同様「簡易算定表」ですが
調停で合意できないときには、審判によって
裁判官が判定することになります。

ただし、婚姻費用の請求が認められないケースがあります。

たとえば、正当な理由もなく、説明もないまま一方的に
別居を強行し、相手からの同居請求を無視し、
夫婦関係の修復に一切務める態度が見られない場合は
婚姻請求は認められません。

具体的には、浮気をして勝手に家を出て行き、
不倫相手の家に転がり込んでいるというケースが
それにあたります。

けれども、相手が未成熟の子供を養育している場合には
子供の養育費分だけは請求できることになっています。

別居するときには、その生活費についても
前もって相談することが大切です。

その上で、相手が理解してくれないなら、弁護士などに
相談してみてはどうでしょうか?

(関連記事)
別居中の夫に生活費はいくら請求できますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。