離婚の原因は私なのですが、私から離婚することは出来ますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の原因は私なのですが、私から離婚することは出来ますか?

離婚の原因は私なのですが、私から離婚することは出来ますか?

離婚の理由はいろいろですが、その離婚原因を作った人を
「有責配偶者」とよびます。

たとえば、浮気や不倫、愛人と生活している、
DVなどの暴力などがこれにあたります。

例えば、好きな人が出来た。
このまま夫婦関係を続けていくのはつらいから、離婚したい
こういう場合離婚原因である「好きな人が出来たあなた」から
離婚できるのでしょうか?

以前は有責配偶者から離婚を請求することはできず、
仮に別居が20年以上続いていたとしても
離婚は認められなかったのです。

けれども、そのような婚姻関係には意味がなく、
夫婦関係が破綻していれば、離婚を認めるべきという
積極的破綻主義が世界的にも浸透してきました。

そこで日本でも昭和62年に一定の条件はあるものの
有責配偶者からの離婚請求を認めることが決定しました。

一定の条件とは、別居期間が長いこと、未成熟子がいないこと、
相手側配偶者が離婚によって精神的、社会的、経済的に
過酷な状態におかれることがないことなどです。

ですから、離婚請求の際には、慰謝料や財産分与に関しても
きちんと提示する必要があります。

ただし、別居期間に関しては特にはっきりとしたきまりはなく、
一応5年以上は必要ですが、ただ別居期間が長いからといって
認められるわけではないのです。

また、高齢者の専業主婦で夫の年金に頼って生活していた場合、
離婚後の経済状態が苛酷になることが予想されますので
いくら別居期間が長くても離婚は認められません。

離婚の原因を作った方から離婚請求されるのは
何となく納得できないかもしれませんが、
必ずしも認められるわけではなく、ケースバイケースだということです。

(関連記事)
夫と離婚したいんですが、法律上どういう理由があれば離婚できますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。