離婚にかかる時間と費用を教えてください。 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚にかかる時間と費用を教えてください。

離婚にかかる時間と費用を教えてください。

一口に離婚といってもその種類はいろいろであり
当然かかる時間や費用も異なります。

最も時間も費用もかからないのが「協議離婚」です。

離婚について話し合い、お互いが合意すれば離婚が
成立する協議離婚では離婚届を提出することで
手続きは完了です。

話し合いにかかる時間は夫婦によってさまざまですが
費用がかかるとすれば戸籍謄本などの数百円だけです。

「調停離婚」の場合はケースバイケースなので
一概にはいえませんが、調停での話し合いがスムーズに
まとまれば、早いときには1ヶ月かからないこともあります。

反対に何度も調停を開く場合には6ヶ月ほどかかり、
それでも決着がつかない場合は不調とされて
打ち切られることもあります。

費用は調停申立書に添付する印紙代として
1,200円のほか、通知用の切手代がかかります。

「審判離婚」は、通常は数ヶ月で審判が下りますが、
難しいケースでは1年以上かかるときもあります。

費用は審判申立書に添付する印紙代として800円
または1,200円と通知用の切手代がかかります。

「裁判離婚」は、離婚の中でこじれると
最も時間も費用もかかるます。

当事者の主張を立証すべく、証拠集めや証人喚問などのため
何回も法廷が開かれます。

1審では6ヶ月ほど、控訴審では4ヶ月ほどかかります。

費用は訴状に添付する印紙代が13,000円以上、
通知用の切手代のほか、弁護士費用がかかります。

「和解離婚」は、話し合いが数回行われ合意することが多く、
早い場合には1回で決着がつきます。

費用は訴状に添付する印紙代と通知用の切手代になります。

以上が一般的ですが、より時間がかかる事もありますし、
費用に関しても、行政書士に離婚協議書の作成を依頼したり
それを公正証書にしたり、途中で弁護士に依頼したり
ケースにより様々です。

離婚協議書を公正証書にしたいんですが、いくら位かかりますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。