離婚する時に、今まで掛けていた保険はどうすれば良いのですか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚する時に、今まで掛けていた保険はどうすれば良いのですか?

離婚する時に、今まで掛けていた保険はどうすれば良いのですか?

離婚する時に、親権や養育費などは忘れることはありませんが、
忘れがちになる事に保険があります。

では保険は離婚する前にどうすれば良いのでしょうか?

離婚に伴ってそれまで加入していた生命保険や医療保険などの
受取人を変更する必要があります。

まずは契約者が誰になっているのかをしっかりと確認します。

夫が契約者で妻が被保険者および受取人になっていることが
多いと思いますがこの場合、贈与になる可能性が高く、
もらえると思っていた年金が離婚によって
もらえなくなることもあるのです。

10年以上加入していた生命保険なら、利率が高くなるため
貴重な財産になる場合もあります。

ですから長く掛けていた生命保険は是非財産分与として
名義変更をするなどの話し合いが大切です。

また、子供がいる場合は、学資保険や子供保険の契約者が
父親になっていることが多いので母親に変更したり
そのまま掛け金を父親が払い続け、満期金を
子供がしっかりと受け取れるように手続きしましょう。

最も注意が必要なのは、夫の会社の保険にしか加入していない場合や
夫婦型タイプに加入している場合です。

これらのケースでは、離婚後、新しく自分で生命保険や医療保険に
加入しなおさなくてはならないのです。

保険料は年齢とともに高額になっていくことがほとんどですので
かなり厳しい状況ではありますが、本当に自分に必要な保険を
見極めて上手に選ぶことが大切です。

(関連記事)
離婚の時の財産分与に関して、生命保険はどうなるのですか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。