離婚の時の夫の預金や退職金に関して - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の時の夫の預金や退職金に関して

離婚の時の夫の預金や退職金に関して

一時期話題になった熟年離婚は年金に関しての改正がきっかけでしたが、
その際、離婚時期のきっかけで、夫の退職時期があります。

離婚の際、財産分与を行いますが、夫名義の預金や夫の退職金については
夫のものになると思っている妻も多いようです。

知らないと損をすることもあるので是非知識として
知っておくことをおすすめします。

たとえ夫名義の預金であっても、それが婚姻中に
積み立てられたものであれば夫婦共同の財産となり、
財産分与の対象となります。

つまり、妻には1/2まではもらう権利があるのです。

同様に夫がもらう退職金に関しても通常は
1/2までは妻がもええます。

けれども、実際には半分ずつというように
すっきり支払われることは少なく、特にずっと専業主婦だった妻に
夫は半分も渡したくないと思っているようです。

また、婚姻生活が20年以内と短い場合も
同様に難しいかもしれません。

婚姻生活が20年以上あり、育児や介護などのため
働けなかったという専業主婦であれば、
退職金の半額を強く請求するとよいでしょう。

ただし、住宅ローンの返済がかなり残っている場合には
退職金を返済に充てる人も多いため、結局手元には
財産が残らないというケースもよくあることです。

財産分与は慰謝料や養育費と違い、
毎月払ったり、ケースにより金額がかなり変わるようなものではなく
基本的には半分に分けるものとイメージすれば分かりやすいと思います。

よって、財産の分与でもめてしまうのは、時間がもったいない事!
是非、専門家に離婚相談して頂きスッキリしましょう。

(関連記事)
退職金は財産分与の対象になりますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。