離婚の時の財産分与に関して、具体的な分け方を教えてください。 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の時の財産分与に関して、具体的な分け方を教えてください。

離婚の時の財産分与に関して、具体的な分け方を教えてください。

離婚の時の財産分与を行う際の具体的な支払い方法については、
特に法律的に定められているわけではありません。

ですから、それぞれのケースごとに事情を考慮して
適切な方法を選ぶことになります。

けれども、実際には、財産分与では、現金支給がほとんどです。

現金は、最も明瞭で便利な方法であり、
分割払いもできますし、定期金という方法もできます。

定期金というのは、月額いくらと決めて支払うものですが、
定期金の場合、月額は決まっていても
いつまでという期限がはっきりと決められていないのです。

そのため、支払い総額が不明瞭であり、たとえば支払いが滞ったときに
残金いくらを一括で支払うようにという命令が下せないのです。

ですから、できるだけ短い期間で支払ってもらうか、
一括払いがおすすめなのですが、どうしても定期金支払いしか
できないという場合には公正証書に残しておくのが賢明です。

また、不動産などの場合は、その財産価値を評価して
分与相当額が現金で支払われることになります。

不動産を現物給与する場合は、所有権をすべて相手に譲り渡すか
共有部分を設定して相当部分を譲り渡すこともあります。

けれども、実際には住居や車などは一部分を分けることはできませんので
結局は財産価値を評価して現金での清算となるのです。

もちろん、中には、家具や家電を1つずつ分けるという
夫婦もいるかもしれませんが、これは現物給付にあたります。

離婚の時に財産を分ける時にはもめるかもしれませんが、
是非、行政書士に相談し離婚協議書を作成しながら
具体的に財産を分けていくのが良いと思います。

(関連記事)
財産分与って何ですか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。