離婚の時の財産分与で名義変更が必要なものを教えてください。 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の時の財産分与で名義変更が必要なものを教えてください。

離婚の時の財産分与で名義変更が必要なものを教えてください。

離婚の時の財産分与の対象はお金や不動産だけではなく、
夫婦が結婚生活の間で形成した財産も含まれます。

その中には当然、家電製品や寝具、家具などの家財道具も
含まれます。

家財道具や家電製品の場合は、それを望んでいるほうが
現物でもらえばいいので簡単です。

また、ゴルフの会員権や定期預金、株、債権などは
換金して現金で分与します。

けれども、自動車や電話など、所有権や名義がついてくる場合には
それらの変更が必要になります。

そして、自動車をもらう場合は、ローンが残っているかどうかが
とても重要になのです。

ローンが残っている場合、支払い中の車の所有権は
ローン会社が持っているので、夫婦間の合意だけでは
簡単に車を譲れ渡すことはできないのです。

このようなときには、ローン会社、夫、妻の間で
債務権の変更や譲渡に関する手続きが必要になります。

協議離婚の時なら、話し合いでこれらの物をお金に換算して支払う事も出来ますが、
車や不動産自体が欲しい場合はこのように名義変更が必要となてきます。

不動産の場合の登記やローンの問題などもあるので、
離婚の専門家に相談してみる方が良いでしょう。

離婚の相談や離婚協議書の作成を神戸・大阪でする


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。