離婚のお金「慰謝料」「財産分与」「養育費」の違いを教えてください? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚のお金「慰謝料」「財産分与」「養育費」の違いを教えてください?

離婚のお金「慰謝料」「財産分与」「養育費」の違いを教えてください?

離婚の際に発生するお金の代表と言えば
「慰謝料」「財産分与」「養育費」でしょう。

中にはこれらの違いがよくわからないという人もいるかもしれません。

まず「慰謝料」というのは、過失による不法な行為によって
損害を受けた人が請求する損害賠償のことであり、
その中でもとくに精神的苦痛に対して請求されるものです。

つまり、離婚の慰謝料とは、離婚の原因になった不貞行為などに対して
精神的苦痛を受けたほうが請求するものになります、

慰謝料が請求できるのは離婚後3年後までです。

「財産分与」は、文字通り、夫婦共有の財産を分与するもので
損害賠償のような意味合いは全くありません。

ですから、離婚の原因を作った責任の有無とは
直接的な関係はないのです。

そして、「養育費」は離婚後、子供を引き取り養育していく元配偶者に
対して、もう一方の配偶者がその費用を分担して支払うものです。

これも財産分与同様、離婚の原因とは全く関係がなく、
最も重要なのは、養育費を受け取るのは子供であるべきところです。

離婚の際に支払われるお金については損得がないように
正しい知識を持つことが大切でしょう。

分からない事は行政書士に相談して、
離婚協議書にするのがベストでしょう。

(関連記事)
離婚した時の慰謝料・財産分与・養育費に税金はかかるの?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。