離婚したくない!離婚を言われたんですが、どうしたら良いの? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚したくない!離婚を言われたんですが、どうしたら良いの?

離婚したくない!離婚を言われたんですが、どうしたら良いの?

離婚を望んでいないにもかわらず、相手から一方的に
離婚を迫られた場合、どうしたらよいのでしょうか。

ただ、「離婚したくない!」と言い張っても
相手が家庭裁判所に申し立てをしたり、
自宅を売却されたり、生活費を入れなくなるなど
さまざまな圧力が考えられます。

また、離婚の原因が相手にあったとしても、
最近では離婚理由を作った側からの離婚請求も
認められるようになったことから油断はできないのです。

ですから、財産分与請求権や慰謝料請求権を確保するため、
相手名義の自宅や不動産の仮差し押えや仮処分が
必要になってくることもあります。

さらに生活費を渡してくれない場合は、
婚姻費用分担請求権を保全するための手続きなども必要です。

そして、最も大切なのは、離婚届を勝手に
提出されないようにすることです。

離婚届は、本人確認や夫婦揃って提出する義務がないため、
相手が勝手に離婚届を提出し、受理されてしまうこともあるのです。

もちろん、自分の意思に反する離婚であることを
申し立てることもできますが、大変な時間と労力が必要になります。

そこで、勝手に離婚届を提出されないために
事前に離婚届の「不受理申出書」を役所に提出しておけば安心です。

この届出をしておけば、相手がたとえ離婚届を提出しても
受理されないのです。

ただし、効力は6ヶ月なので、さらに長引くときには
再度届出る必要がありますよ。

(関連記事)
どうしても離婚に踏み切れないときはどうしたら良いでしょう?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。