離婚したい!まず離婚してから慰謝料・財産分与は請求できるの? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚したい!まず離婚してから慰謝料・財産分与は請求できるの?

離婚したい!まず離婚してから慰謝料・財産分与は請求できるの?

「離婚したい!」

そう離婚を決意すると、離婚理由によっては、一分一秒でも
早く別れたいと思うものです。

特に女性はその傾向が強く、慰謝料や財産分与を放棄してでも
離婚届に署名押印し、協議離婚を成立させてしまいがちです。

けれども、後になって冷静に考えてみると
離婚原因が明らかに夫にあったり、財産分与したいものがあったりと
後悔することが多いのが現状です。

協議離婚の場合、取り決めた内容が後々トラブルを招くことが多いのですが
離婚合意書に署名押印している場合、公正証書ほどの強制力はないにしても
調停や裁判では重要な証拠とみなされます。

そのため、後になって離婚合意書の内容を変更して
慰謝料や財産分与を請求することは困難となります。

つまり、きちんと公正証書を作成している場合は変更は
ほとんど不可能だということです。

もちろん、公正証書による離婚合意書等無い方がトラブルになりやすいため
かならず、行政書士に依頼して作成すべきです。

いくら一刻も早く離婚を成立させたいと思っても
ひとりで判断せず、行政書士や弁護士などに相談することが大切なのです。

(関連記事)
離婚後に前夫が不倫が発覚。離婚後でも慰謝料請求は可能ですか


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。