熟年離婚と年金分割制度に関して教えてください。 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 熟年離婚と年金分割制度に関して教えてください。

熟年離婚と年金分割制度に関して教えてください。

熟年離婚が増加した背景には2007年4月に施行された
「年金分割制度」があります。

これは婚姻期間中に夫が支払った厚生年金は夫婦が
共同で支払ったものとみなされ、たとえ離婚しても年金支給の際には
話し合いの元、最大50%まで妻が受け取ることができるというものです。

分割の割合は必ずしも50%ではなく、その範囲内で
話し合いによって決定します。

夫婦の話し合いで分割割合が決まれば社会保険事務所に届出ます。

もし話し合いで合意できないときには、どちらかが調停を申し立て、
分割割合を決定することになります。

年金分割制度が施行される前は何十年も連れ添ったとしても
離婚すれば妻が離婚後にもらえる年金は「老齢基礎年金」のみだったので
離婚後の生活を考えるとなかなか離婚に踏み切れなかったのです。

けれども、この制度により離婚後の生活の見通しが立つことから
思い切って離婚に踏み切る妻も増えてきたというわけです。

熟年離婚は年金に関して、
しっかり決めないと今後の生活が変わってくるでしょう。

ただ、その他にも連れ添った期間が長いだけに
財産分与や、保険、夫の退職金に関してもしっかり話し合いをしなければいけません

もめてしまう前に離婚専門家に相談して、離婚協議書等の書面にしましょう。

(関連記事)
離婚の時の夫の預金や退職金に関して


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。