離婚の前に・・・やっておくこと・考えておくこと - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の前に・・・やっておくこと・考えておくこと

離婚の前に・・・やっておくこと・考えておくこと

離婚は一時の感情に流されてしまうと後で後悔したり、
損をしてしまうことも多いため、いくつか
ポイントを抑えて決めておくとよいでしょう。

まずは離婚後の姓。

離婚後、姓を旧姓に戻すのかそのままでいるのか決めておきます。

勤めている女性なら会社で旧姓になることで不都合があったり、
子供の場合には学校で名字がかわることに戸惑うことも考えられますので
冷静に判断することが大切です。

そして、子供の親権。

未成年の子供がいる場合には夫婦のどちらが親権をとるのかを決めます。

親の勝手な都合ではなく、あくまでも子供のことを最優先に
考えて決める必要があります。

同時に子供の養育費、面接交渉なとについても
事前にある程度は決めておくといいでしょう。

また、財産分与や慰謝料の問題です。

きちんと分与するためには、夫婦が共同で作り上げた財産について
離婚前にしっかりと把握しておかなければなりません。

慰謝料については、必ずしも発生するものではないのですが、
不貞行為など精神的苦痛を受けたことが離婚の原因になった場合には
慰謝料の請求ができます。

さらに、子供を抱えて離婚する場合には、離婚後の生活のことや
各種手当や母子家庭支援制度などについても上手に活用できるように
知識を持ったり、手続きの仕方などを理解しておくことです。

いずれにしても離婚するときは、ひとりで感情的にならず、
まずは身近で信頼できる人に相談し、それでも決意が変わらなければ、
各種手続きや公正証書など専門的な分野に関しては
行政書士に相談してみることをおすすめします。

特に慰謝料や財産分与・養育費など金銭にかかわることは
ぜひ専門家に相談してみてくださいね。


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。