離婚して、経済力が劣る私が親権者になれますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚して、経済力が劣る私が親権者になれますか?

離婚して、経済力が劣る私が親権者になれますか?

「夫も私も離婚するにあたって、子どもの親権を主張しています。
子どもの日常の世話は私がしていました。
しかし経済力で私は夫に劣ってるのですが、
裁判などになると、親権者は夫になるのでしょうか?」

確かに、子どもの今後の生活を考えると、経済力は大事です。

しかし、日々の子どもの世話をしてきた事情が尊重されますし、
子どもの年齢が低いほど母親が親権者に決まる可能性が高くなります。

経済的には夫に養育費を払う義務がありますし、
母親に余程な事情がない限り、母親が親権者になるでしょう。


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。