離婚で親権者と監護権を分けて、監護権しかない私に不便な事はありますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚で親権者と監護権を分けて、監護権しかない私に不便な事はありますか?

離婚で親権者と監護権を分けて、監護権しかない私に不便な事はありますか?

親権者と監護権者を別にする時、色々な不都合な事は確かにあります。

親権を持ってる者が法定代理人になるため、
戸籍の移動などは親権者が行わなければいけません。

また、あなたが再婚した場合に、お子さんと再婚相手を養子縁組させるためには
親権者の同意が必要となります。

子どもに財産があった場合の管理も親権者がする事になります。

通常生活で考えれば、学校等の重要書類では、
親権者のサインがいる場合もあるでしょう。

親権者と監護権を分ける事により、スムーズに離婚できる事もありますが、
戸籍や子どもの財産管理において不便な事がありますので、
離婚する時には、しっかりと話し合った上で、離婚協議書を作成するのが良いでしょう。

また、出来る事なら子どもの事に関して、
別れても相談できる関係であれば言う事はありませんね。



> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。