離婚後に、たとえイヤでも元夫の居場所は知っておいた方が良い? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚後に、たとえイヤでも元夫の居場所は知っておいた方が良い?

離婚後に、たとえイヤでも元夫の居場所は知っておいた方が良い?

離婚してしまえば、相手は他人です。
また嫌いだから離婚したという人も多いでしょうから、
離婚した元夫とはできるだけ接点を持ちたくないという気持ちはよくわかります。

実際に離婚後、元夫がどこにいるのか知らないという人は多いようです。

しかし、夫の居場所を把握していないと不都合なことがいろいろあります。

たとえば、新しく国民健康保険や会社の健康保険の加入手続きなどを行う際、
元夫との事務的な連絡が必要になることもあります。

また、子供の養育費の催促や面接の段取りなどをするときにも
元夫の居場所は必要になります。

中には元夫が養育費の催促を逃れるために住民票を移さずに失踪してしまうこともあり、
非常に困ることもあるのです。

これは公正証書を作り、養育費を給与から強制的に差し押さえる時にも、
会社も所在も分からなければどうしょうもありません。

結果的に調査会社に依頼するなど余計な出費が増える事になります。

さらに将来、元夫が亡くなったとき、離婚により自分には相続権がなくなったとしても、
子供には遺産分割協議に参加できる権利があります。

全く居場所を把握していないがために、元夫が再婚相手に全財産を譲ると
遺言を遺して亡くなった場合には、本来ならもらえる遺留分の請求もできなくなってしまうのです。

逆に死亡を知らない為に借金と言う負の財産を相続する事態になりかもしれません。

ですから、イヤかもしれませんが事務的な連絡ができる程度には
夫とのつながりを保っておくことは子供にとっても大切なことだといえるでしょう。

ただし、DV夫から身を隠している場合はこの限りではありません。


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。