離婚協議書の書き方 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚協議書の書き方

離婚協議書の書き方

協議離婚の場合、口約束だけで終わらせてしまうのは危険です。
後から、相手に「そんな事知らない」と言われてしまえばそれまでです。

そこで、取り決めの内容を記した離婚協議書を作成しときましょう。

離婚協議書は手書きの場合でも双方の署名押印があれば、
法的な効力があります。

離婚協議書は2通作成して、夫婦それぞれが署名押印し、
大切に保管しておかなければいけません。

ここで、離婚協議書の書き方のポイントです。

書式や用紙のサイズは自由です。

また、記載内容に関して慰謝料でも、養育費でも決まりはありません。
ただ、出来るだけ具体的に記載するのが良いでしょう。

注意点として、法的効力を持たせるためには、
作成の日付と夫婦双方の署名押印は必ずなければなりません。

その上で、公正証書にしておけば、より安心でしょう。

とはいえ、個人で作成するには難しいと感じるかもしれません。

そういう時には離婚専門の行政書士に相談して頂き、
作成依頼して頂ければと思います。


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。