離婚する時に夫の経営する会社名義の財産は財産分与の対象となるか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚する時に夫の経営する会社名義の財産は財産分与の対象となるか?

離婚する時に夫の経営する会社名義の財産は財産分与の対象となるか?

「夫は建築会社を経営しています。
ただ、経営してると言っても、株主が夫ただ一人で、
何人かの従業員を雇っているという状況です。
今回夫、と調停を経て離婚することになりました。
わたしは会社名義の財産に対し財産分与の請求することができるのでしょうか?」

離婚時には共有財産を財産分与として受け取ることが出来ますが、
原則として、会社の財産に対してあなたが、財産分与を請求することはできません。

なぜなら、会社を経営しているのがご主人であっても、
会社とご主人は法律的には別人格となります。

つまり、会社の財産は夫婦にとっても第三者名義の財産ということになるからです。

しかし、常に財産分与の対象とならないわけではなりません。

財産分与という制度は、夫婦が共同で形成した財産を公平に分配するためのものです。
逆に言えば、夫婦が共同で形成した財産と評価できれば、
名義に関わらず財産分与の対象となります。

ご主人の財産の名義が会社であっても、
それが単に税金対策や財産管理のための方便だとします。

そして、株式の保有状態や経営状況から見て、
経営者の個人経営である場合であれば、会社の財産=夫の財産となります。

そのような場合には、会社の財産も財産分与の対象となります。

ともあれ、個人では判断しにくい事が多いので、
弁護士や専門家に相談してみてはどうでしょうか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。