離婚前の別居のメリット・デメリットについて - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚前の別居のメリット・デメリットについて

離婚前の別居のメリット・デメリットについて

別居とは夫婦は互いに同居する義務を負っているのですが、
この同居の義務に違反して居住することをいいます。

別居はその成立の経過から二つに分かれており、
一つ目は夫婦が合意で別居する場合であり、
もうひとつは夫婦の一方が他方の気持ちに反して別居する場合になります。

離婚をするかどうか迷っている人なら一時的に別居をして
様子を見るという方法もあります。

ただし、離婚をしないで別居することにはメリットもあればデメリットもありますので
一時の感情に走らずによく考えることが大切です。

別居によるメリットとしては、なんといっても離れて暮らすことで
冷静に自分の気持ちを見つめなおすことができます。

中には、お互いの大切さを再認識してやり直す夫婦も結構いるようです。

また、子供に夫婦げんかしている姿を見せなくて済むというメリットもあります。
子供にとって両親がいがみ合っている姿ほど悲しいものはありません。

妻に仕事がある場合には、積極的に仕事に打ち込めることで
離婚後の生活設計を想定し、離婚後の自信につながることもあるようです。

そして、DV被害を受けている人なら自分の身を守ることができます。

反対にデメリットもあります。

まず、イメージの問題。

近所など周りの人からの中傷や視線などが気になります。
特に異性関係など新たな問題が起こりやすいともいわれています。

冷静になる目的で始めた別居なのに、離れて暮らすことで、
気持ちがますます冷めてしまって、元に戻れなくなることもあるでしょう。

他にも二重生活になることから生活費が2倍かかり、
経済的に苦しくなります。

このように別居にはメリット・デメリットがあることを十分考慮して
自分たちに合う選択をすることが大切です。

別居する前にした方が良いかどうか相談してみるのも良いでしょうし、
特に養育費や慰謝料、親権については、別居の時間を利用して
弁護士や行政書士などの専門家に相談するといいでしょう。

(関連記事)
別居中の夫に生活費の請求をする事はできますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。