離婚の慰謝料の時効について教えてください。 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚の慰謝料の時効について教えてください。

離婚の慰謝料の時効について教えてください。

民法には消滅時効というものがあります。
そのため、慰謝料請求権も一定の期間がたつと時効によって消えてしまいます。

もちろん時効により慰謝料請求権が消滅してしまうと、
1円も請求ことはできなくなります。

例えば、あなたの配偶者が浮気をしていたとします。

すると、慰謝料を請求できる期間は、

民法の規定により、あなたが配偶者の浮気と相手を知ったときから3年
配偶者が他の人と浮気があった時から20年となります。

しかし、その浮気が原因で離婚をしたとすると、
原則として、慰謝料の消滅時効は離婚から3年になります。

つまり、先に離婚だけ成立させて、後から慰謝料を請求する場合は、
離婚成立後3年以内に請求しなければなりません。

(関連記事)
離婚後、1年経ちましたが今から慰謝料請求できますか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。