セックスの強要は離婚理由になりますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > セックスの強要は離婚理由になりますか?

セックスの強要は離婚理由になりますか?

離婚の理由はさまざまですが、セックスに関してもその一つです。

統計では、一桁ほどの割合になりますが、夫婦の性生活については、
悩んでいる人が多いのが現状です。

夫婦間の問題でもかなりプライベートな部分のため、
弁護士やカウンセラーなど他人に相談するのが
恥ずかしいという気持ちが強いようですね。

ですから、実際にはもっと多くの人が悩んでいると思われます。

もちろん、夫婦が合意していれば、たとえセックスレスでも問題ないのですが、
それによって、不倫・浮気とすすんでいくことも十分考えられます。

よく聞くのは、夫は結婚したら、
妻は子供が産まれた事をきっかけにセックスが減ると言いますね。

また、嫌がる妻に性交渉を強要し続け、
その結果しとして妻から離婚を求められた場合は、離婚理由として認められるのです。

しかも、これは妻にとっては大変な精神的苦痛であることから
DV法の「精神的暴力」にあたるのです。

DV法が改正される前は、性交渉の強要によってケガをした場合のみだったのですが
改正後は精神的な苦痛に対しても保護の対象となりました。

ですから、妻が申し立てをすれば夫はDV法の罰則を受けることもありますし、
離婚となったときには、慰謝料を請求されることもあります。

裁判所でも「夫婦間の性的交渉は夫婦生活に伴う健康な営みで
夫婦のあり方として大切なもの」と重要性を認めています。


離婚協議書の作成や離婚の相談を神戸でするなら


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。