妻が宗教にのめり込んでしまいました。こんな時、離婚できますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 妻が宗教にのめり込んでしまいました。こんな時、離婚できますか?

妻が宗教にのめり込んでしまいました。こんな時、離婚できますか?

信教の自由は憲法で認められており、
夫婦であってもお互いが尊重しなければいけません。
しかしながら、夫婦である以上協力義務がある事も忘れてはいけません。

たとえば、妻が宗教団体の集会に参加するようになり、
家事や育児がおろそかになった。
御布施として、お金を宗教にほとんど費やすようになった。

その結果、家を出て行って集団生活をはじめたり、
夫とのいさかいが耐えなくなり、やがて子供を連れて
家を出で行ってしまった。

この場合、夫は離婚と子供の親権をとることはできるのでしょうか。

結論からいうと、できます。

もちろん、信仰の自由は夫婦間でも尊重されるべきものですが、
子供の教育や家庭生活に支障がある場合には
離婚理由にもなり得るというわけです。

夫の再三の忠告にも耳を貸さず、家事や育児をおろそかにしたことは
夫婦生活の破綻を招いた原因として認められるのです。

離婚協議書に関して詳しく知りたい方は


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。