相手の浮気や不倫の時に慰謝料はいくら位とれますか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 相手の浮気や不倫の時に慰謝料はいくら位とれますか?

相手の浮気や不倫の時に慰謝料はいくら位とれますか?

弁護士によりますと、夫の浮気が原因で離婚相談に来る人の
ほとんど全員が聞いてくるのが「慰謝料はいくらぐらい?」という
質問なのだとか。

私自身も離婚相談時には慰謝料はいくら?と聞かれることは多いです。

それだけ慰謝料がどれくらいもらえるかについては、
誰もが気になるところなのです。

浮気や不倫による慰謝料は婚姻中、お互いに貞操の義務があるにもかかわらず
一方が不貞を行った場合に生じるものです。

夫や妻の浮気や不貞に対して被った精神的苦痛や生活の変化に対する
苦痛などに対して支払われるもので、たとえ結婚していなくても
婚約中に発生したとしても請求できます。

また、離婚していなくても慰謝料の請求は可能であり、
浮気の慰謝料請求期限は不貞行為を行ってから3年間となっています。

浮気や不倫が原因で離婚に至った場合の慰謝料は
財産分与や養育費とは異なり、相手側にどれだけ非があるか、
またその有責性が大きな判断材料となるのです。

ですから、ケースによっては高額になることもあり、
適法な証拠があるかどうかが金額を決める上での
重要なポイントになるといわれています。

他の原因による慰謝料よりも浮気や不倫で発生する慰謝料は
一般的に金額が大きく、早く決着する傾向があるようです。

金額は過去のデータや司法統計などをもとに算定されてはいますが、
法的にはっきりと決められているわけではありません。

ケースバイケースなので一概にはいえませんが
浮気の頻度や経緯、相手の経済力、受けた精神的苦痛などの
程度によって決められ、150~200万円前後が多いようです。

ただし、最近は不貞行為に対する慰謝料の相場が
上昇する傾向があり、もう少し高くなることも多いということです。

(関連記事)
慰謝料を請求する際に必要なものは何ですか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。