離婚した時、父親が親権を取るのは難しいのでしょうか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚した時、父親が親権を取るのは難しいのでしょうか?

離婚した時、父親が親権を取るのは難しいのでしょうか?

離婚した時、子供がいれば一緒に暮らしたいでしょうし、
親権はどうしても相手に渡したくないものかもしれません。

質問のケースの場合結論から言いますと、父親が親権者になるのは
無理ではないですけど、難しいでしょう。

割合でいうと大体2割程度となっています。

これは母親が子供の親権者になることを強く望んだり
母親のほうが子供を育てる環境に適していること、
すでに母親が子供と一緒に生活しているケースが多いことなどが理由です。

さらに裁判所でも母性優先の原則があることから
母親の監護環境を優先させようという考え方が強いのです。

父親が親権者と認められるケースとしては、
母親の監護環境が子供にとって不適切とされた場合や
両親どちらの監護環境も優劣がつけがたく、
すでに父親が監護しており、その環境に全く問題がない場合などです。

経済力に関しては、母親のほうが不利に思われますが
養育費なども考慮するとあまり影響はないようです。

中には母親が仕事に出ることで十分な監護ができないのではという父親からの
指摘があるようですが、それは父親も同じことなので
こちらも親権者争いにはあまり影響がありません。

また、親権者が働きに出ている間、祖父母に子供の監護を頼める場合には
その環境についても合わせて考慮され、判断されることが多いのです。

このように父親が親権者になる事は難しいかもしれませんが、
あきらめきれない事もあるでしょう。

しかし、子供の事を考えて、冷静に協議して頂ければと思います。

(関連記事)
夫婦仲が険悪です。どうすれば子どもを傷つけず離婚を進められるのでしょうか?


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。