離婚時の慰謝料の金額はどうやってきめるんですか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚時の慰謝料の金額はどうやってきめるんですか?

離婚時の慰謝料の金額はどうやってきめるんですか?

よく海外の芸能人などの離婚の際に「慰謝料○億円」などと
話題になったりしますが、現在のところ、日本ではこのような
高額な慰謝料が認められることはほとんどありません。

では、日本ではどうやって慰謝料の金額を決めるのでしょうか?

慰謝料というのは、漢字の通り「慰め」、つまり、
どれくらいの金額があれば精神的に慰められるかということです。

けれども、これは人によって感じ方もバラバラですので
ケースバイケースで決めるしかないというのが現状です。

それでも何とか客観的な算定基準を編み出し
多くの場合、それを基準にして決定されているようです。

具体的な客観的要素は以下の通りです。

・結婚関係の破綻を招いた有責性・背信性の程度
・精神的苦痛の程度
・結婚期間と当事者の年齢
・当事者の支払い能力
・未成熟の子供の有無
・離婚後の扶養の必要性
・経済的な事情

これらを考慮したうえで、相談・話し合いのもと、
最終的に金額が決められます。

ばらつきはあるものの、だいたい100万円から数百万円の間が多く、
億単位というのはほとんどありません。

ただし、長期にわたる浮気など不貞行為があり、
なおかつ、支払う側に十分な支払い能力がある場合には、
1000万円以上になるケースも出てきます。

協議書の作成や離婚・慰謝料の相談なら松見法務事務所


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。