離婚した時に姓は変えた方がよいですか? - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚についてのよくある質問 > 離婚した時に姓は変えた方がよいですか?

離婚した時に姓は変えた方がよいですか?

通常は離婚と同時に婚姻前の姓に戻す方が多いでしょう。

けれども、離婚するときには、精神的な動揺から、
離婚後の姓のことをしっかりと考えずに夫の姓を
名乗り続けることを選ぶ人も少なくありません。

また、子供の学校や精神的な同様の事を考えて
あえてそのままのかたもおられます。

離婚後3ヶ月以内であれば、本籍のある市区町村に
届出を出せば簡単に変更できますが、それ以降になると
少し面倒な手続きが必要になります。

姓を変更するには、家庭裁判所の許可が必要であり、
そのためには「やむを得ない事由」があるかどうかが
審理のポイントになります。

裁判所に「仕方がない」と判断してもらえるように
できるだけ具体的な理由を示すことが大切です。

かなり厳しく問われるようなので姓の変更は離婚成立後
3ヶ月以内に手続きすることが望ましいですね。

離婚時に迷っているのであれば、猶予期間の3ヶ月の間は
自分のことだけではなく、子供の将来のこともきちんと考えて
慎重に決めるといいでしょう。

さらに変更前の姓のまま再婚して、万が一また離婚した場合
例えば、神戸さんが大阪さん結婚して、大阪さんになりました。
その後離婚して、大阪さんのまま京都さんと再婚し京都さんになるが又離婚。
彼女は大阪さんにはなれますが、神戸さんにはもどれません。

気をつけてくださいね。

離婚相談や、離婚協議書の作成を神戸でしたい人へ


> 離婚についてのよくある質問


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。