DVが原因で離婚する - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚!こんなときどうする? > DVが原因で離婚する

DVが原因で離婚する

離婚理由でここ数年で急激に増えているのが「DV」つまり「ドメスティック・バイオレンス」です。
内閣府の調査によりますと配偶者からDVを1度でも受けたことがある人は約3割近くもいることがわかっています。

DVは直訳すると「家庭内暴力」なのですが、子供からの暴力と区別するため「配偶者からの暴力」と表記されています。

圧倒的に多いのは、夫から妻への暴力であり、
身体的暴力以外に精神的暴力も含まれます。

ただし、最近では妻からのDVも少しずつ増えているようです。

DV(ドメスティックバイオレンス法)がなぜ出来た

以前は家庭内の暴力に関しては法的には立ち入らないのが一般的でした。
よって行政が積極的に関与するということはほとんどありませんでした。

しかし、被害の実態が外からはわかりにくい。
そこで第三者の積極的関与が必要であると考えられるようになったのです。

そこで2001年に配偶者からの暴力および被害者の保護に関する法律(DV法)が施行。
さらに2004年には精神的暴力も含まれる法律に改定されました。

時には傷害罪にも!

PTSD(外傷後ストレス障害)を引き起こすほどの暴力に関しては傷害罪での処罰の対象にもなるのです。

DVを受けている被害者はそれを自分のせいだと思い込む特徴があり、人に言えず、まして離婚を切り出せない場合が多いです。

しかし自分の中に抱え込んでいては、解決しません。
ぜひ勇気を持って専門家に相談していただければと思います。


> 離婚!こんなときどうする?


お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。