離婚相談でよくある質問 - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚相談でよくある質問

離婚相談でのよくある質問

当事務所の行っています離婚電話相談において、よくある質問の3つを掲載しています。
その他のよくある質問についてはコチラにまとめています。
離婚についてのよくある質問
よくある質問目次

夫婦で離婚する事を決めれば、問題なく離婚できますか?

夫婦の話し合いで離婚することはもちろん出来ます。
しかし離婚後の生活の事を考えれば、いろいろと離婚の前に決めておかなくてはいけないことも多くあるのです。

  • 夫婦の財産はどのように分けるのか?
  • 離婚になった原因によっては慰謝料はどうすればいいのか?
  • 子供がいる場合は親権・養育費について
  • 慰謝料や、養育費の支払い方法の約束
  • 夫婦共有の不動産がある場合はどう整理するのか?

このようにたくさん離婚をする前に解決すべき問題があります。

もちろん、こうした決め事を夫婦の話し合いで円満に解決できればそれでいいですが、なかなかうまく話ができないことが多々あります。

中には「話を持ちかけても相手が聞かない、無視される」「話し合いにならない」というような場合もあります。

ですので、私たちのような専門家を間に挟み、これからの人生についての大切な約束をすることをオススメしています。

そしてお互いの離婚について合意した内容は離婚協議書にしておくことをお勧めします。

離婚協議書とはなんですか?

離婚協議書とは、離婚時や離婚後の約束事を書面にしたものです。

離婚前に話し合い(協議)される内容は、子供の親権と養育費、慰謝料の金額や財産分与など、離婚後の生活にも大きな影響を与える決め事となります。

ただ離婚の話が進んでいる状況では、お互いが感情的になっていることが多いです。

そのような場合は、第三者などに立ち会ってもらうなどしてもらい、冷静に話し合いを進めましょう。

しかしこうして協議した内容も「証拠」がなければ 離婚の後に「約束した」、「約束していない」などの問題になる事もあります。

協議して決めた内容については 当事者同士の合意文書として離婚協議書を残しておくとよいでしょう。

離婚協議書は、離婚の後も何年間も残ります。
様々な証拠として使えますので、作成したら大切に保管しておきましょう。

離婚協議書は公正証書にしたほうがいいと聞いたのですが本当ですか?

はい、離婚協議書は公正証書にしておくことをオススメします。

離婚協議書そのものは、約束を記録したものです。
よって法的な強制力はありません。

もし、離婚協議書で約束された養育費を、元パートナーが支払わなかったとしても離婚協議書をもって、強制的に支払を求めることはできないのです。

そこで大事になるのが「公正証書」です。

離婚協議書を公正証書で作成することで、法的強制力のある協議書になるのです。
がある「公正証書」にしておくことをおすすめします。

公正証書にすることで、相手の不払いがあった場合でも裁判などを起こすことなく財産や給与の差し押さえを行うことができるのです。

離婚後の生活を守るためにも、ただ離婚協議書を作成するだけではなく、公正証書にしておくことをオススメします。

なお、公正証書にする費用はその内容にもよりますが、手数料や諸経費込みでも数万円で済みます。
将来のためのリスクを回避と安心感を考えれば、決して高くは無いです。

あなたの将来にとって、どのように離婚を進めていけばいいのか?
まずは私との電話相談で、いまあなたが抱えている悩みや不安をお話してください。

お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。