神戸の離婚相談カウンセラー 行政書士 松見有祐のプロフィール - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 神戸の離婚相談カウンセラー 行政書士 松見有祐のプロフィール

松見 有祐(まつみ ゆうすけ) プロフィール

略歴

所属 日本行政書士会連合会 兵庫会 登録番号10301102

離婚カウンセラー 行政書士松見有祐1975年、神戸市生まれ。神戸市立本山第二小学校、本山中学校、報徳学園高校、そして京都産業大学卒業。

大学在学中に演劇に目覚め、役者を志す。
その後、劇団を旗揚げしたりして、数多くの舞台に立つ。

20代半ばに知人等からたて続きに詐欺にあい、多額の借金を背負う。
その時法律を知っていればと思い、興味を持つようになる。
(このときのことは「なぜ私が行政書士になろうと考えたのか?」にて)

その後、徐々に以前の自分と同じようなトラブルに巻き込まれた人を助けたいと思うようになり、2008年に会社を辞め、行政書士を目指す。

2009年、行政書士試験を受け合格。
2010年、行政書士 松見法務事務所を設立。

現在は、離婚やストーカー等の民事法務のカウンセラーとして活動。
またただ法律的なフォローだけでなく、心のケアも大切と考え心理カウンセラーとしての資格も有する。

資格等

・行政書士
・心理カウンセラー
心理カウンセラー 行政書士松見有祐
日本メンタルヘルス協会 心理カウンセラー養成講座修了式にて
心理カウンセラー衛藤信之先生と

私、松見有祐がなぜ行政書士になろうと思ったのか?

私が行政書士になろうとしたきっかけは私自身の失敗にあります。

遡ること10年前、まだ法律のことや社会のことも知らない二十代前半のころ。
当時勤めていた会社の同僚と「会社を立ち上げよう!」という話になりました。

私と友人3人で会社を立ち上げる、よって出資金を持ち寄ろうという話になったのです。
当時貯金もなく、浅い考えで私は消費者金融でその出資金を借りてしまいまいた。
若さもあって会社を立ち上げるということで舞い上がっていたのです。

最初の落とし穴

会社を立ち上げたものの、実績もない素人が始めた事業。
そんな簡単にうまく行くはずありませんでした。

結果として短期で解散しようという話になりました。
預けていた出資金についてはまだ残っていたので「勉強代」だと思い、返してもらうことになったとき、仲間のうちの一人がその残ったお金をすべて持って行方をくらましたのです。

そのお金がないと借り入れを返せない私は必死になって逃げた仲間を探しました。
しかし見つからない、ただ返済の期日は迫る。

結果として持ち逃げした仲間は見つからず、当然会社も辞めていた為に収入も無いのに返済だけが残るという状況になってしまったのです。

救いの天使か!?

その後私はまた別の仕事を続けながら、どうにか今の借り入れを返そうと返済を続けていました。
そんなとき、ある友人からこんな誘いがあったのです。
「なあ、いっしょに飲食店をやらないか?」

その友人は飲食店の経営したことがない、しかし当時彼が付き合っていた彼女が元飲食業界の人間で運営のノウハウは分かっているということでした。

しかし小さな店をするにも、最初にお金が掛かります。
結局話だけが持ち上がったものの、資金の問題で話が進まない。
そんなとき、友人の彼女からこんな提案があったのです。

「私、お金だしてもいいよ」

まさかの裏切り

「私、お金出してもいいよ」

この言葉は願ってもない話でした。これで開店資金のめどが立つのです。

しかし、ここで彼女からある提案がありました。

「私はブラック(信用情報に傷がついている)ので今はお金を借りれない、でもそのブラックさえ消せればすぐにお金用意する」と言うのです。
そして「彼の夢にも協力したい!」
「実はそのブラックの情報を直せる人がいて、今お願いしている」
「最後の詰めのところでお金があと少しいる。」
「だから借用書も書くし、すぐに返せるからお金を貸して欲しい」と。

私は「ほんとにそんなことが出来るのか?」と一瞬疑ったのだが、友人の彼女ということで信用し、なけなしのお金を彼女に預けたのです。

「これで大丈夫、任せておいて」といって彼女はお金を受け取って出ていきました。

そして、彼女の姿を見たのは、これが最後となりました。

「ブラック情報を消す話は嘘」

彼女は私のお金を受け取って逃げたのでした。

失ったことで学んだこと、そして決意

私と友人は逃げた彼女を追いかけました。
実家まで追い詰めたものの、借用書を突きつけたところで素人が作った不備だらけの借用書ではなんの効力も無かったのです。

結局私の手元に残ったのは、借金だけでした。
しかし、私は失ったことで大きな事を学び、決意しました。

日常生活のなかでも法律的な最低限の知識は必要なのだと身に染みて学びました。

そして、自分と同じような目に合う人を増やしてはいけない!との決意が生まれたのです。

それから数年たった2009年。

私は仕事をしながら機会をうかがい行政書士試験を受けることを決意しました。
結果平成21年度、合格率9.05%の行政書士試験に合格し、独立開業したのです。

こうした自分の過去の失敗をさらすことは、行政書士として頼りないと思われるかもしれません。
しかしこうした私自身の経験があればこと相談者の痛みも分かるのだと思います。

こうした私は自身の経験も生かしながら、「痛みの分かるよき相談者」として精一杯力になれるようがんばります。

お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。