離婚協議書とは - 神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

神戸での離婚相談、離婚協議書作成は松見法務事務所

HOME > 離婚協議書とは

離婚協議書とは?

養育費が入ってない、約束していたのに

それは正しい離婚の手続きをしなかったことが原因です。

あらためましてこんにちは、行政書士の松見有祐です。

離婚をする。

離婚届にお互いに名前を書いてハンコを押して役所に提出すれば離婚はできます。
そして、離婚するということは、その先これまでと違った生活が待っています。

・親権の問題
・住むところは?
・これからの生活はどうなるのか?

もちろん、ご家族やご親戚への気遣いもあるでしょう。

しかし何よりも新しい人生を歩き出すうえで問題となるのは「お金」の問題です。

特に女性でこれまで専業主婦をしていた場合は、正社員ではなくパートで働いていた場合などは収入も少ない場合がほとんどです。

子供の親権を持ちたいと思っても、子育てに掛かるお金を稼げない。
だから泣く泣く親権を夫に渡したという話もよくあります。

もちろん話し合いの中で養育費をもらえる約束を取り付けることもできます。
しかし、この約束が最後までしっかりと守られることが少ないのも現実です。

入ってくるはずだった養育費が入ってこない。
これほど大変なことはありません。

しかし、多くの離婚される方はこうした問題に直面する場合が多いのです。

「はやく別れたい」と感情的に先走ってしまい、大切なことを見落とし、あとで後悔する方がほんとうに多いのです。

後悔しない離婚には「離婚協議書」が大切です。

まず、後悔しない離婚をする為に作っておくべきものがあります。
それが離婚協議書です。

離婚協議書とは、離婚時や離婚後の約束事を書面にしたものです。
離婚前に協議される内容は、子供の親権と養育費、慰謝料の金額や財産分与などです。

離婚をする前に、将来の事を口約束でなく書面に残しておく、それが離婚協議書です。

離婚協議書は、離婚の後も何年間も残ります。
様々な証拠として使えますので、作成したら大切に保管しておきましょう。

もし、離婚協議書が無かったら?

離婚して、数ヶ月で養育費の支払が止まった。
養育費がもらえなくなるのは、生活する上で非常に大きな問題です。

支払ってもらうように請求しても、離婚のときに口約束でしていた話であえれば「約束した」、「約束していない」などの問題になります。

ですので、離婚について決めた内容については 当事者同士の合意文書として離婚協議書として残してべきです。

どのようにして、離婚協議書を作るのですか?

離婚協議書の作成については、まずはあなたの今の不安や悩みをお聞かせください。
その後、内容や情報をいっしょに整理しましょう。
そしてパートナーとの話し合いになります。(立会いも可能です。)

その話し合いの結果を当事務所が書面として離婚協議書にします。
また、より法的に強い力を持つ公正証書での離婚協議書作成も可能。
将来のことを考えれば、公正証書による離婚協議書作成をしておくべきです。

まずは、あなたにとってどのように進めていけばいいのか?
また、離婚時に何を決めておいてどう書面にしていくのか?

まずは、専門家である私にお問い合わせいただければと思います。

お問い合わせはお電話で078-412-1241まで。

離婚協議書作成の流れと料金について 離婚協議書作成についてよくある質問

PageTop



HOME - ご相談者の声 - 離婚についてのよくある質問 - 離婚!こんなときどうする?

離婚協議書とは - 解決への流れ - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。